学者の妖精の使い方

妖精を召喚する

サモン・エオス

サモン・セレネ

サモンスキルを使うと妖精を召喚することが出来ます。
「サモン・エオス」、「サモン・セレネ」と2種類の妖精がいますが効果はどちらも同じです。
違いは見た目くらいなので、お好みで選びましょう。

周囲のPTメンバーを少しずつ回復してくれる

妖精はHPが減ったPTメンバーを「光の癒し」というスキルで少しずつ回復してくれます。
ただし妖精の周囲にいるメンバーにしか効果がありません。

妖精は基本的にプレイヤーが移動すると後ろを追いかけてくる「追従」状態になっています。
自分がPTメンバーから離れたところにいると妖精の回復スキルが届かなくなってしまうため、学者は自分自身や妖精の位置を気にかけておきましょう。

なるべくタンクの近くにいよう

妖精の回復スキルが届くように、なるべくタンクさんの近くにいるようにしましょう。
ギミック処理などで近くにいられない場合は、タンクさんのそばに妖精を設置しておくのも効果的です。

Lv80になるとセラフィムが呼び出せるように

Lv80になると短時間ですが高位の妖精である「セラフィム」を呼び出せるようになります。
セラフィムの使えるスキルが強力なので、Lv80になると回復手段の幅がグッと広がりますね。

フェイエーテルについて

Lv70になるとエーテルゲージというゲージが追加されるようになります。
妖精のスキルを使うために必要なフェイエーテルの残量を表すゲージです。

フェイエーテルは、エーテルフロー消費スキルを使うごとに10ずつ増えていきます。
エーテルフローを無駄にせず使い続けていれば自然とたまっていくゲージです。

妖精の回復スキルの注意点

妖精が使うスキルは若干ラグがある

妖精に命令させて使うスキルは、スキルボタンを押してから実際に発動するまでに若干ラグがあります。
特にラグがひどいのは妖精が移動している最中にスキルを使った場合です。

移動中に命令を出された妖精は、移動し終えてからスキルを発動させます。
妖精が追従状態の時は常にプレイヤーについてくるので、自分自身も最低限の移動に留めましょう。

妖精のスキルの回復力はゲームの表記通りではない

ゲーム内に表記してある妖精の回復スキルの回復力の数値は実際の回復力とは異なります。
実際は表記の65~70%分くらいの回復力しかないと考えてください。

ちょっとややこしいですが、ペットのスキルの表記威力は実際の威力とは異なるという仕様のようです。
学者の妖精と召喚士の召喚獣があてはまるので覚えておくといいかも!

記事内ではゲーム内の表記ではなく、実質の回復力(おおよその値)で書いてます。

妖精の単体回復スキル

エーテルパクト

◆Lv70で習得


任意の味方をターゲットしながらエーテルパクトを使うと、任意の味方と妖精を繋いでゴリゴリ回復させる「フェイユニオン」が発動します。
フェイユニオンは、繋いだ相手を継続的に回復するという効果です。

フェイユニオンの回復力
(実際の回復力表記)
260×回数分
※1回ごとにフェイエーテル10消費

主にタンクに付与します。
ごりごり回復します。HPの削れが速いなと思ったらどんどん使って良いと思います!

フェイエーテルを10ずつ消費し続け、0になると自動的に解除されます。
自主的に解除することも可能です。
フェイエーテルを節約するために、回復が不要になったら自主的に解除する癖をつけることをオススメします!(エーテルパクトのスキルボタンをもう一度押すとフェイユニオンが解除されます。)

フェイユニオン発動中、妖精は他のスキルは一切使用できなくなります。

妖精の範囲回復スキル

光の囁きは気軽に使おう

◆Lv20で習得

光の囁きは妖精の周囲にいるPTメンバーに光の囁きバフを付けます。

光の囁きの回復力
(実際の回復力表記)
78×5回

光の囁きは、回復力78(実際の回復力)のヒールを5回発動してくれます。

体感としてはなかなかいい感じに回復してくれるなという感じ。
HPが減ってきたなと思ったらクールごとに最優先で使ってOKです!

フェイブレッシング

◆Lv76で習得

フェイブレッシングの回復力
(実質の回復力表記)
225×1回

妖精の近くにいるPTメンバーを範囲回復します。
全体攻撃の戻しなどで使います。

その他

フェイイルミネーションはおまけ程度で

◆Lv40で習得

フェイイルミネーションは周囲のPTメンバーの回復魔法の回復量を10%上昇し、被魔法ダメージを5%軽減します。
敵の全体攻撃がだいたい魔法属性なので、全体攻撃前に使うといいかもしれません。

注意したいのは、回復量がUPするのは「魔法のみ」であるという点です。
アビリティヒールは回復力UP効果がないので注意。
高レベルになるとアビリティのヒールを多用するようになるため、恩恵を得られる機会が減っていきます。

転化

出現している妖精を帰還させてエーテルフローに転化するスキルです。

転化使用後、30秒間は妖精を召喚することができません。
効果時間が切れると自動的に妖精が再召喚されます。

転化した際には、回復魔法の効果が20%UPするバフが付きます。
(これもアビリティヒールには効果なしです。)

たくさん攻撃したい時とかPTメンバーがピンチで回復を一気に使いたい時などに使うと良いかも!

セラフィムのスキル

セラフィムの召喚の仕方

サモン・セラフィムを使うとセラフィムを召喚できます。
フェアリー・エオスとフェアリー・セレネは帰還します。

自動でセラフィックヴェールを使ってくれる

HPが減った味方に対してセラフィックヴェールを使ってくれます。
セラフィックヴェールの効果は単体回復+バリア付与です。
セラフィム版光の癒しみたいな感じ。

セラフィックヴェールの回復力
(実質の回復力表記)
ヒール部分:130
バリア:130

コンソレイション

こちらはセラフィムに命令させて使うヒールスキルです。
同じくヒールとバリアです。

コンソレイションの回復力
(実際の回復力表記)
ヒール:195
バリア:195

セラフィックヴェールよりヒール部分の回復量が高め。
チャージスキルなので2回使えます。

セラフィムが帰還する前に2回使いきりましょう!

妖精の設置の仕方

最後に、妖精の設置の仕方について書いておきます。


ペットを任意の場所に固定しておきたい場合には、ペットコマンドの「移動」を使います。

移動スキルを押すとグラウンドターゲットが出てくるので設置したい場所を選びましょう。
PS4のコントローラーを使っている場合、R1を押しながら左スティックを動かして位置を選び、◯ボタンで決定できます。
妖精が指定した位置に移動すれば成功です。

エリア移動する時は「追従」に戻すのを忘れずに!

妖精は一度移動命令を出すと、その場から一切動かなくなります。
妖精はプレイヤーとの距離が離れすぎると自動的に消滅してしまいます。
エリア移動する時など、移動命令を出した妖精から大きく離れる際には必ず 「追従」を使って追従状態に戻してから移動しましょう。慣れないうちはそのまま妖精を置き去りにして消滅させることがよくあります…!

ペットコマンドのセットの仕方

アクションリストの「ORDERS」のペットアイコンを押すとペットコマンドのリストが表示されます。

クロスホットバーを使っている方は、設定を変更していなければクロスホットバーにペット用コマンドがあらかじめセットされているはずです。
私の場合はR1を2回押すとペット用コマンドのページが開くようになってます。

学者の場合は「移動」と「追従」を使えるようにしておくと便利ですね。

移動マクロ

PS4などコントローラーを使って遊んでいる方にとってグラウンドターゲットは扱いにくいと思うので、私は移動マクロを使っています。

/pac 移動 <t>
/micon 移動 pet

このマクロを発動した際に何かをターゲットしていた場合、対象の元へ妖精が移動します。
例えば敵をターゲットしていた場合はその敵が立っている地点に移動します。
ターゲット相手はタンクや自分自身でもOK!

併せて「追従」もホットバーにセットしておきましょう!