Lv50までの竜騎士(槍術士)のスキル回し【FF14】 2021/2

Lv50までの竜騎士(槍術士)のスキル回しをまとめてみました!

目次

2種類のコンボルートさえ覚えればOK!

Lv50の竜騎士は、とにかく2ルートのコンボさえ覚えればOKです。
あとはコンボの合間にジャンプ攻撃ができるようになったら完成!

単体のコンボ

1.フルスラコンボ(威力重視のコンボ)


【トゥルースラスト】→【ボーパルスラスト】→【フルスラスト】

1,2,3とコンボを繋ぎ、フルスラストで完結するルートです。

2.桜華コンボ(バフやデバフを付けるコンボ)


【トゥルースラスト】→【ディセムボウル】→【桜華狂咲】(背面指定)

自分にバフを付けたり、敵にデバフを付けられるコンボです。
開幕はまずこちらのルートを通ってバフやデバフを付けてから、威力コンボに移りましょう。

ディセムボウル

【ディセムボウル】は、30秒間自身の与ダメージを10%上昇させるバフが付けられます。
戦闘中は常時ディセムボウルのバフが付いている状態にしましょう。

桜華狂咲

【桜華狂咲】は、24秒間敵に継続ダメージを与えるデバフを付与します。
ボス戦では桜華狂咲のデバフが常についている状態にしましょう。
24秒以内に敵が死にそうな時は更新しなくてもOKです。

背面指定があります。敵の後方から使用しましょう。

桜華コンボ→フルスラコンボ→フルスラコンボという順番でコンボを繰り返す

ボス戦など敵が単体の時は、桜華ルートを通ってバフやデバフを付け、フルスラコンボを2回繰り返します。
そうするとディセムボウルのバフ効果時間と、桜華狂咲のデバフの効果時間が残り少なくなっているので、桜華ルートを通ってバフとデバフを更新します。
これの繰り返しです。

殴れない時間が長かった場合はフルスラルート1回でもOK

桜華→フルスラ→フルスラという順番は、敵をしっかり攻撃し続けられている前提での回しです。
範囲攻撃を避けたり敵が消えて攻撃できない時間が長く続いた場合はフルスラコンボ1回で桜華コンボに戻ってもいいですよ。

大事なのはディセムボウルのバフと桜華狂咲のデバフを維持しながら戦うことなので!

GCDスキルの間にアビリティを挟もう

GCDスキルって何?って方は是非こちらの記事を!

ちょっと長文な記事ですが、けっこう大事なことなのでよかったらぜひ!(シンプルにまとめる能力なくてすみません!)

[kanren id=”3702″ target=”_blank”]

ざっと説明

GCD=グローバルクールダウンのこと。

ホットバーを見ていると、スキルを使用後に一斉にスキル枠が灰色になってクルクル回り始めるスキルがあると思います。これらは全てGCDスキルです。
GCDスキルは全体でクールタイムを共有しているため、GCDスキルを何か1つ使用すると、他のGCDスキルも一斉にクールタイムが発生します。

上で紹介したフルスラコンボと桜華狂咲コンボのスキルは全てGCDスキルです。

アビリティについて

一方、GCDスキルの影響を受けないのがアビリティです。
GCDスキルがクールタイムになっている間にアビリティを挟んでいくのが基本のスキル回しです。

竜騎士の場合、通常コンボ以外のスキルはほぼ全てアビリティです。

Lv50の竜騎士が使えるアビリティ

ジャンプ、スパインダイブ、ドラゴンダイブ

ライフサージ、ランスチャージ、イルーシブジャンプ

ジャンプについて

  

竜騎士のアビリティと言えば、とにかくジャンプ攻撃です。
拘束時間が長いので通常コンボの間に1つずつ挟みましょう。

ジャンプ
対象にジャンプで近づいて物理単体攻撃。
元の位置に戻る。
威力:310
クール:30秒

基本的なジャンプ攻撃です。
クールが30秒でジャンプの中では一番使用頻度が高いんですが、動きがもっさりしてるので使うタイミングには注意が必要です。
レベルが上がると「ハイジャンプ」になり、もっさり感がかなり改善されるのでそれまでの辛抱です!

スパインダイブ
対象にジャンプで近づいて物理攻撃。
威力:240
クール:60秒

ジャンプと違って元の位置に戻ってこないので、敵に近づく用の移動スキルとして使うのもアリかもしれません。

 

ドラゴンダイブ
対象にジャンプで近づいて物理攻撃。
威力:240
クール:380秒

使い心地はスパインダイブとだいたい同じです。

クールが短い順に使おう

スキルを効率よく回すために、クールが短いものから使っていきましょう!
ジャンプ30秒、スパインダイブ60秒、ドラゴンダイブ120秒なのでこの順番に使います!

バフを使うタイミング

ライフサージ

ライフサージは次に使うウェポンスキル(桜華ルートとフルスラルートのスキル全て)が確定でクリティカル攻撃になります。
威力が一番高いスキルの直前に使うのが効果的。

Lv50の段階だとフルスラコンボの3段目のフルスラストが威力530で最も強いスキルです。
ここの手前でライフサージを使いましょう。

ランスチャージ

ランスチャージは与ダメージUPバフです!
ランスチャージの使い所は敵にDotデバフを付ける桜華狂咲の手前です。

竜騎士のスキル回しは以上の点を踏まえて組み立てるだけ!

 

Lv50の竜騎士の単体相手のスキル回し

トゥルースラスト
(まずはバフを付けるために桜華ルートへ行きます!)
ディセムボウルで与ダメージUPバフを付けます。
ここでランスチャージを入れましょう!
桜華狂咲で敵にDotデバフを付けます。
ジャンプ
トゥルースラスト
スパインダイブ
ボーパルスラスト
ライフサージ
フルスラスト
トゥルースラスト
ボーパルスラスト
フルスラスト
以下、コンボを繰り返しながら隙間にジャンプとバフを挟んでいく。

テーブルの通りに完璧に回さなくてもいいので、

Lv50の竜騎士の範囲攻撃

LV50の範囲攻撃はドゥームスパイクのみ。

ドゥームスパイクは直線範囲なので、敵の真ん中で撃つよりも敵グループの横から使ったほうが敵全員に当てやすいと思います!

竜騎士の範囲回しは若干いびつな感じですが、桜華ルートを途中まで通ってディセムボウルのバフを付けた後に範囲攻撃を行っていくことになります。

こんな感じ。

この間にジャンプやバフスキルを挟んでいきます。

Lv50の竜騎士の雑魚グループのスキル回し

トゥルースラスト
(まずはバフを付けるために桜華ルートへ行きます!)
ディセムボウルで与ダメージUPバフを付けます。
ここでランスチャージを入れましょう!
ライフサージ
ドゥームスパイク
ジャンプ
ドゥームスパイク
スパインダイブ
ドゥームスパイク
※ドラゴンダイブ
以下、ディセムボウルのバフが切れるごとに更新しながらドゥームスパイク連打。
ジャンプやバフのクールがたまったら挟んでいく。

※ドラゴンダイブはジャンプの中で唯一の範囲攻撃なので、敵がさっさと死んじゃいそうだと思ったら最優先で使ってもいいと思います!

とにかくディセムボウルのバフを維持しながらドゥームスパイクを連打できていればOKです。

これからの竜騎士

Lv50以降の竜騎士は、バフの管理項目が増えます!
PTメンバー全体にクリティカル発生率上昇バフを配れるようになったり、蒼の竜血という自己バフが追加されてコンボが5段階まで伸びます。

ちょっと大変ですが、Lv50までの基本のコンボが分かっていればすぐに慣れると思います。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる