賢者のスキル情報を見て使用感を妄想してみました!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

メディアツアーの情報を見て、賢者の使用感を妄想してみました。

メディアツアーの情報なので実際に実装されるものとは異なる恐れがあります。

目次

総合的に見て

~な時~の効果になるという条件付きのスキルが多いので最初の方は覚えるだけでも一苦労ですな…

「カルディア」をタンクさんにつけておけば攻撃魔法を放ちながら回復ができるのと、範囲攻撃が複数あって中には威力が強いものもあるのでエキルレ向きのヒーラーなのかなと思いました。

「エウクラシア」を使うと基本の魔法の効果が強化されるようです。魔法の効果はエウクラシアありきになっている気がします。

また一部の回復や軽減アビリティには「アダーガル」というリソースが必要になる点も重要なポイントだと思います。

学者のエーテルフローのようにリソース管理していくタイプと言う感じですね。学者のエーテルフローと違って時間経過で勝手にたまるのでそこは便利ですね。

細かい点に関しては、敵や味方に接近できるスキルがあるのが特徴かなと思いました。6.0の他のヒーラーについてはまだ確認してませんが、接近スキルがヒーラーに実装されたのは賢者が始めてになるのかな。

エウクラシア

まず覚えておきたいのは「エウクラシア」というシステムですね。基本の魔法(攻撃魔法、単体回復魔法、範囲回復魔法)はエウクラシア状態になると効果が強化されます。

エウクラシアはLv40で覚える魔法で、エウクラシアを使用したあと1秒GCDがクールダウンし、その後エウクラシア対応魔法がエウクラシア状態の効果に変化し、インスタントで撃てるようになるようです。

エウクラシア対応魔法を使うとエウクラシア状態が解除されます。エウクラシアを使用するとGCDが1秒リキャストになるというのはちょっと気になるところですね。

強化されたスキルは「エウクラシア・○○」みたいな名称になります。

カルディアについて

特定の攻撃魔法を撃った時にカルディア「被」が付いたPTメンバーを回復する効果です。

踊り子のクローズド・ポジションのようにPTメンバーにカルディア「被」を付けたら自分で外さない限り永続っぽいです。

ほとんどのシーンではタンク(MT)に付与することになると思います。

攻撃魔法

ドシス(詠唱魔法)

エウクラシア対象魔法  カルディア対象魔法

ドシス→ドシス2→ドシス3というようにレベルが上がるごとに進化していくようです。

エクウラシア・ドシス(dot付与)

エウクラシア対象魔法  カルディア対象魔法

エウクラシア・ドシス → エウクラシア・ドシス2→ エウクラシア・ドシス3という風に進化します。

このエウクラシア・ドシスという魔法と詠唱魔法のドシスは一緒のスキルボタンです。レベル40で覚える「エウクラシア」というスキルを使用すると「ドシス」が「エウクラシア・ドシス」に変化するみたいです。

dotと詠唱魔法が同じボタンになるので、慣れるまで間違えて押しちゃいそうですね。

ディスクラシア、フレグマ、トキシコン、プネウマ(範囲攻撃魔法)

範囲攻撃魔法は4種類ありますが、全て カルディア対象魔法です。

いつでも使える基本の範囲魔法はディスクラシアのみです。

チャージスキルでリキャストタイムがたまったら使えるのがフレグマ

120秒のリキャごとに使えるのがプネウマ。これはPT回復効果や軽減効果があるので、ヒール目的で使うことになるかもしれません。

あとはアダースティング状態の時に使えるのがトキシコンという範囲魔法ですね。

アダースティングとは

エクウラシア・ディアグノシスというバリア付与スキルのバリアが割れたら付くバフのようです。

暗黒騎士のブラナイみたいにしっかり敵の攻撃でしっかりバリアを割る必要がありそうですね。

基本の単体回復魔法

ディアグノシス(単体小回復魔法)

エウクラシア対象魔法

ディアグノシスは任意の味方を小回復する魔法です。回復力450なので白魔道士のケアルと同じですね。

エウクラシア・ディアグノシス(単体小回復魔法+バリア)

エウクラシア対象魔法

エウクラシアを使うとディアグノシスがエウクラシア・グノシスに変わります。

回復力300+バリア540です。これは学者の鼓舞激励の策と同じ。
また、学者の激励のようにクリティカル判定になるとさらに追加で540分のバリアが追加されます。

また、エウクラシア・ディアグノシスのバリアが効果時間内に割れると、アダースティングというバフが付き、範囲魔法のトキシコンが使用可能になります。

ノーマルのディアグノシスとスペック差が大きいので、基本的にはディアグノシスはエウクラシア・ディアグノシス目的でしか使わないスキルになりそうですね。

範囲回復魔法

プログノシス(範囲回復)

エウクラシア対象魔法

範囲回復魔法です。回復量300なので白魔道士のメディカ、占星術師のヘリオスと同じです。

エウクラシア・プログノシス(範囲回復+バリア)

エウクラシア対象魔法

プログノシスをエウクラシアを使用してから使うとエウクラシア・プログノシスになり、範囲回復+バリア効果に変更されます。範囲回復100+バリア320

注意したいのは、基本回復が100になってノーマルのプログノシスに比べて大きく数値が下がっているという点です。

比較するなら学者の士気高揚の策ですが、学者の士気高揚の策は回復200+320なので士気高揚の策よりも基本回復量がすくないということです。HPの戻し目的としてはちょっと使いにくいですね。

アダーガルについて

賢者には時間経過(非戦闘状態でもたまる)でたまっていくリソースがあるようです。その名もアダーガル。

アダーガル消費アクションは主に回復アビリティや軽減アビリティのようです。

自動的にたまるという点では白魔道士のシークレット・リリーのようなイメージですが、リソースの使う先がアビリティなので学者のエーテルフローのほうが感覚的には近いかもしれません。

単体回復・バリアアビリティ

ドルオコレ(単体回復アビ)

アターガル消費アビ。

単体を600回復します。学者の生命活性法と同じです。

タウロコレ(単体回復+軽減アビ)

アターガル消費アビ。

単体を600回復し、被ダメージを10%軽減します。

範囲hot付与のケーラコレとは共存できません。

範囲回復・バリアアビリティ

ケーラコレ(軽減スキル+継続回復スキル)

アターガル消費アビ。

PTメンバーの被ダメージを10%軽減し、Hotを付与

Hotは100×15秒なので完走したら500回復ですね。白魔のメディカラのHotと同じ。

「タウロコレ」とは共存できません。

イックソコレ(範囲回復)

アターガル消費アビ。

周囲のPTメンバーのHPを回復、回復力400。

ピュシス2(Hot付与)

Hot付与、対象が受ける回復魔法の効果を10%上昇させる

Hotは回復力200×15秒なので1000回復ですかね。強い。

暁月のヒーラーがどうなるかは分かりませんが、漆黒みたいに回復アビが正義みたいなヒールワークになるのなら回復魔法効果UPはつかいにくそうですね。

ホーリズム

自身と周囲のPTメンバーのHPを回復、回復力300

範囲回復魔法のプログノシスのアビリティ版って感じですね。

ハイマ系

ハイマ(予約バリア)

ハイマは任意の味方に対し回復力150相当のバリアを貼り、さらに「ハイマの印」を5つします。

ハイマの印はハイマのバリアが消滅するとスタックを消費して新たにバリアを貼り直します。

効果時間が切れる時に残ったハイマの印はバリア分のHPを回復していきます。

予約バリア、時限回復アビって感じですね。基本的にはタンクに投げるアビリティっぽいです。

パンハイマ(範囲予約バリア)

ハイマとは両立できません。

ハイマの範囲回復バージョンって感じです。

これバリア値がハイマと同じ150で持続時間も同じみたいなんですけどわざわざハイマを選ぶメリットであるのでしょうかね。タンクさんだけ回復したい時でもとりあえずパンハイマ使っとけば良いような気がするんですが。

使い方を妄想してみる

基本的にはカルディアでタンクさんを回復

ほとんどのシーンではMTにカルディアをセットして自分も攻撃しながらタンクさんを回復することになるのかなと思います。

カルディアの回復量のみでどれほどヒールがサボれるのかは使ってみないと分かりませんが、攻撃魔法1回で170回復するので、2.5秒(GCD)で170と考えるとかなり大きいかもしれません。

白魔道士のリジェネが3秒で200ずつ回復しますので、常にリジェネが付いていると思うと結構強いかも。

賢者は回復効果を増やすブースタースキルをいくつか持っているので、カルディアでぼちぼち回復しながらやばそうになったらブースターかけて回復って感じですかね。

範囲回復はちょっと使いにくいかも

範囲回復はバリアに重きを置いたスキルや、Hotしかつかないスキルなども多いので既存のヒーラーに慣れているとちょっと使いにくいんじゃないでしょうか。

普段遣いではアダーガル消費アビのイックソコレメインで、あとはメディカやヘリオスと同じ回復量のホーリズムやプログノシスに頼るくらいしかできないかもしれません。

ハイマ系は使いやすそう

ハイマは味方に投げておいたら勝手にバリアを貼り直してくれて、効果時間が終わったら回復して消えてってくれるのでとても使いやすそうです。

賢者レベリング中はとりあえず脳死でハイマ投げてそうな予感。

MP面は優遇されているかも?

カルディアの自動回復がある上に、アダーガルを消費すると自身のMPが5%回復するため、MP枯渇しないような対策は取られているのかなと思います。

下手したらHP回復よりもMP回復のためにアダーガル消費アビを使うことになるかもしれませんね。

終わりに

最初スキル詳細を見た時は、「うわ!意味分からん!このジョブ難しすぎィ?」ってなりましたが、用途別にスキルをまとめれば案外把握しやすかったです。

カルディア周りをマスターすればエキルレで一番使いやすいヒーラーになるかもしれません。レイドのヒーラーについては分かりませんが見た感じ既存のヒーラーのほうが全体攻撃やギミックには対応しやすそうですね。

参考にした動画・サイト様

ファミ通:https://www.famitsu.com/news/202110/13236718.html?page=4

外国人の方のメディアツアー木人動画:

スポンサーリンク
SNSシェアボタン
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる