Lv50までの白魔道士(幻術士)のPTでの立ち回りとスキル回し

今回はかけだしの白魔道士さんのためのPTでの立ち回りについてご説明します!

PS4(パッド勢)ユーザー向けの内容となっています。

コントローラーを使っていて敵味方をタゲるのにもたつくという方はこの記事もどうぞ。

【PS4】パッドヒーラーの敵味方をタゲるやり方【マクロも有り】

PTにおけるヒーラーの仕事とは

タンクさんのHPを維持すること

かけだしのヒーラーさんの場合、HP7割くらいを目安にするのがオススメ

通常のダンジョン攻略においては、基本的にタンクさんしか敵からの攻撃を受けないのでタンクさんのHPを維持することに集中しましょう。7割を切りそうになったら単体ヒール系スキルを挟む、でOK。(心配性な方は8割くらいで回復してもいいですよ~)

レベルが上がってくると強力な回復スキルを覚えるので常にHP7割にする必要はありませんが、低レベルのうちはスキルも少なくてタンクさんも不慣れでHPが不安定になることが多いので早め早めの回復を心がけましょう。

慣れないうちは敵を攻撃できなくてもかまいません。

白魔道士の場合は継続回復スキルである「リジェネ」を覚えるとタンクさんの回復が少し楽になります。
Lv35で習得できます。

敵の全体攻撃後に全体回復をする

 

敵によってはPT全員がダメージを受ける全体攻撃をしてくることもあります。

その場合は「メディカラ」「メディカ」などのスキルを使って味方全員のHPを回復しましょう。これらのスキルは自分を中心とした範囲回復となっています。
範囲回復を行うときはなるべくPTメンバーの真ん中に立つようにしましょう。

状態異常を解除する

ヒーラーはロール共通アクションの「エスナ」で味方の状態異常を解除することができます。

状態異常とは、味方が不利になっている状態変化のことです。
毒状態などがあてはまりますね。

普通の毒状態などはちょっとずつHPが減るだけなのでそこまで気にする必要はないですが、高レベルのダンジョンになってくると「死の宣告」(放置すると味方が即死する状態)など深刻な状態異常も出現するので常に味方のバフ欄は注目しておきましょう。

ちなみにエスナで解除できない状態異常もあります。

←エスナで解除可能なデバフ

←エスナで解除不可能

●違いはアイコンの上部に白いラインが入っているかどうかです。

DPSさんの回復はできる範囲で

タンクさんがすべての敵の攻撃を引き受けてくれるのでDPSさんのHPが減るといったことはあまりありませんが、
誤って攻撃範囲に入ってしまったり、ギミック処理を失敗してしまうことも有り得ます。

その場合は自分ができる範囲で回復しましょう。

ヒーラーをやっているとすべてのPTメンバーを救いたいと思うかもしれませんが、DPSさんの回復に手間取って自分やタンクさんが戦闘不能になってしまったら本末転倒です。

まずは自分が死なないこと。そしてタンクさんのHPを維持すること。
余裕があったらDPSさんの回復、と優先度を決めておくことが大切です。

タンクとヒーラーが安定していれば、DPSさんを復活させられるチャンスはいくらでもありますからね!
逆にタンクとヒーラーがボロボロだと全滅する確率が高くなるのです。

余裕があれば敵を攻撃

味方のHPが十分ある時は敵を攻撃しましょう。

複数の雑魚敵にはホーリー、単体にはエアロ系、ストーン系の魔法で攻撃していきます。

特にホーリーは敵をスタンさせる効果があるので、敵が多いときは最優先で使いましょう。
回復に専念するよりもホーリーで敵の動きを止めたほうがタンクさんへの被弾が減ります。

タンクさんのHPの維持の仕方とスキルの使い方

タンクさんのHPを維持するためには、

  • タンクさんのHPが減るスピードを見ておく
  • HPの減少量に応じてどのスキルを使うか決めておく

この2点を意識しましょう。

タンクさんの装備の充実度や防御バフの使い方次第でHPの減るスピードが全然違います。
特に低レベルのうちはタンクさんも不慣れで必要以上にダメージをくらうこともあります。

最初のうちにどれくらい回復が必要か見極める必要があります。

Lv50くらいまでのダンジョンはケアル、ケアルラ主体

Lv50くらいまでのダンジョンでは、タンクさんへの回復はケアルとケアルラを用いていきます。


ケアルの回復力:450
ケアルの消費MP量:400


ケアルラの回復力:700
ケアルラの消費MP量:1000

ということで、ケアルのほうがMP消費量に対する回復力のコスパが圧倒的に良いです。
また、ケアルは15%の確率で次に使用するケアルラの消費MPを0にする効果があります。

リジェネを覚えるまではMPの減りが速いので、ケアルを活用していくことをオススメします。

Lv35以上になったらタンクさんにリジェネを

Lv35になると、このレベル帯では一番使い勝手の良いリジェネを習得します。

リジェネの効果は、対象のHPを継続回復するというもの。継続時間は18秒です。
常にHPが減り続けるタンクさんとめちゃくちゃ相性のいいスキルです。

リジェネを覚えるとMP管理がかなり楽になります。

戦闘中はタンクさんにリジェネを付けておき、それでも回復力が足りなければケアル、ケアルラなどで補助という感じでHPを保つと良いでしょう。

リジェネを付けるタイミングには注意

リジェネのような継続回復スキルは、敵のヘイトを大きく稼いでしまいます。
PTメンバーにリジェネがかかった状態で敵に見つかると敵が一気に自分に群がってきます。

自分が無駄に敵に攻撃されるだけでなく、敵を集めようとしているタンクさんの邪魔になってしまいます。

必ずタンクさんが周りにいるすべての敵に攻撃し終えたタイミングでリジェネを付与するようにしましょう。
また、戦闘が終わりそうな時はリジェネはかけ直さないこと。
ダンジョンだとタンクさんは戦闘が終わり次第すぐ次の敵グループに向かいますから、意図していなくても上記の状態になってしまいます。

もし万が一リジェネで敵が寄ってきてしまったら、タンクさんのところに敵を運んで少しでもカバーできるようにしましょう。

リジェネだけでなくメディカラも継続回復系なのでかけるタイミングには注意です!

ボスよりも雑魚敵のほうがHPの減りが速い

一見雑魚戦は楽でボス戦のほうがしんどいように思いますが、実際は逆です。

雑魚戦ではとにかく複数の敵に攻撃し続けられるので、タンクさんのHPもゴリゴリ減っていきます。
ボス戦は攻撃し続けてくる相手が基本的に一匹なので、特定の攻撃以外はHPはそんなに減りません。リジェネさえかかっていればあとはちょくちょく回復するだけで問題ないと思います。

雑魚の場合、3匹くらいからHPがきつくなってくるので、リジェネはかけつつケアルラなどの単体ヒールスキルを挟むようにしましょう。
雑魚5匹以上だとHPがマッハで減るので、ケアルラ連打推奨です。
間に合わなさそうだったら迅速魔も使って急いで回復していきましょう。

単体回復スキル一覧(Lv50まで)

スキル名 使いやすさ 所感

ケアル
A 詠唱も速くMP消費量も軽い優秀なスキル

ケアルラ
B+ MP消費コスパが悪いので連発には注意
大きくHPが減った時はこっち

リジェネ
A 対象のHPを継続回復
主にタンクに使う
(使用タイミングに注意)
ベネディクション S 対象のHPを100%回復
いざという時に使う

範囲回復スキル一覧

スキル名 使いやすさ 所感
メディカ B 低レベル時の範囲攻撃のケアに
メディカラを覚えるとほとんど使わなくなる

メディカラ
A 範囲攻撃のあとは基本これでOK
継続回復効果が付いている点だけ注意

ケアルガ
D 効果範囲が狭いのでほとんど使わない
味方が集まることが分かっている状況などピンポイントなタイミングで使用

攻撃スキルについて

エアロとストーン


エアロ

ストーン

白魔道士は主に「エアロ系」と「ストーン系」の2種類のスキルで攻撃していきます。
エアロが敵に継続ダメージを与えるデバフ、ストーンが単体攻撃魔法です。

基本的にはエアロでデバフを付けてからストーン連打です。
敵がすぐ死にそうな時はエアロは使わなくてOKです。
DOT系は完走(効果時間まで)できないとDPS効率が悪くなるためです。

レベルが上がっていくとエアロラ、ストンラなど上級魔法に置き換わっていきます。

ホーリー


ホーリー

Lv45でホーリーを覚えます。
ホーリーは範囲攻撃魔法ですが、追加効果として対象を4秒間スタンさせることができます。

ダンジョン攻略の雑魚グループでホーリーを使えば、タンクさんへの攻撃頻度を大幅に減らすことができます。
タンクさんが敵を集め終わったら率先して使いましょう。

ボスはスタン耐性があることが多いのでボスはだいたい効きません。

その他よく使うスキルなど

ロール共通アクションも含みます

スキル名 使いやすさ 所感

エスナ
A 状態異常解除スキル
状態異常はヒーラーと吟遊詩人しか解除できないので味方にデバフが付いたら率先して解除する

迅速魔
S 次に使うスキルの詠唱がカットできる
蘇生スキルのレイズと合わせて使うことが多い

神速魔
S 自身のオートアタックの攻撃間隔、魔法の詠唱時間とクール時間を減少
たくさん攻撃できる時や迅速な回復・蘇生が必要な時に使う

ルーシッドドリーム
S 徐々にMP回復
回復魔法、攻撃魔法を多用するとMPが枯渇するのでクール毎に使う

レイズ
A 味方1人を戦闘不能状態から復活
詠唱時間が8秒と長いのでなるべく迅速魔と合わせて使う
MP消費量が2500とかなり多いので、MP枯渇に注意

堅実魔
A 効果時間中魔法の詠唱を妨害されない
敵のノックバック攻撃に合わせるなど

救出
E 任意の味方1人を自分のもとに引き寄せるスキル
ギミックから逃げ遅れた人に使うと有効な場合も
無理やり引っ張られるのが嫌いという人も多いので、使うタイミングはよく考えましょう